家族葬を鎌ヶ谷市ですることのメリット

千葉県鎌ヶ谷市は、千葉県のなかでも人口規模の多い柏市、松戸市、市川市、船橋市のような主要な都市に隣接しており、しかもわが国の経済の中心地である東京にもごく近いというところから、はやくからベッドタウン化が進み、全国から多くの人々が住宅を求めてやってきた土地となります。こうした特性から、もともと先祖代々にわたってこの地域に住んでいたというよりも、いわゆる新住民とよばれる人々のほうが、ごく一般的となっているのは、他の都市との違いであるといえます。このため、葬儀のありかたについても、他の地域とは異なるスタイル、たとえば家族葬のようなものについても、大いに選択をする余地があるといえます。地域の葬儀社についても、こうしたプランをもっていることが多いことから、実際に執り行う上での困難も少ないといえるでしょう。

少人数からの申し込みができるメリット

千葉県鎌ヶ谷市での家族葬を執り行う上でのメリットですが、まずは参列者として一般の葬儀のように大人数を集める必要がないというところが挙げられます。一般の葬儀というものは、大々的にホールを用意した上で、少なくとも通夜と告別式の両日にわたって、家族や親戚のみならず、地域、会社、学校などの多くの人々の参列を得て行うものです。しかし、いわゆる新住民にあたる場合、地域とのつながりも希薄であり、本家や分家といった関係にある親戚が近くに多く住んでいるということも少ないといえます。家族葬であれば、家族や親戚、親しい友人程度の人々だけが、とりあえずの参列者ということになりますので、一般的な葬儀のように、ことさらに人数を集める必要もなく、落ち着いた雰囲気のもとで葬儀が行えます。

コストの面で優れた特徴をもっている

千葉県鎌ヶ谷市で家族葬を行う上でのもうひとつのメリットとして、やはりコスト的に一般の葬儀よりも少ないということが挙げられます。葬儀というものは、祭壇や会場の準備からはじまって、スタッフの人件費、骨壷や棺、会葬礼状、香典返しなどの消耗品にあたるものなど、かなりの費用がかかるものです。そのため、大規模な葬儀になればなるほど、そのコストも跳ね上がるという傾向となってきます。もしも家族や親族、そして友人程度の参列者だけでよいとすれば、祭壇や会場は必然的に小さなものでよく、消耗品や人件費なども削減できますので、コスト的には一般の葬儀よりは圧縮されるはずです。こうした費用面での負担というものは、葬儀をする上での一番のネックですが、それが解消されるという効果は大きなものがあります。