鎌ヶ谷市の家族葬の流れをご紹介します

近年は家族葬を選択する人が増えています。以前に比べて冠婚葬祭を華美に行いたくないという人が増えていることや、核家族化や高齢化が進み、周囲とあまり接触を持たない環境で亡くなる人が増えているため、大々的に人を集めて行う従来の一般葬ではなく、家族・親族のみでシンプルにお葬式を行いたい、そうするのが合っていると考える人が増加しているためです。鎌ヶ谷市のような都市化されている地域ではとみにその傾向があるものの、昔ながらの風習もまだ色濃く残る地域でもあるため、あまりシンプルなお葬式をするのは周りにどうみられるか、無礼に当たらないかと心配に思う人もいるかもしれません。そこで、鎌ヶ谷市で行われる実際の家族葬について、その流れを見ていきたいと思います。

一般葬との違いはどこにあるのか

家族葬と言っても、その流れとしては従来の一般葬と変わりはありません。希望により、斎場または自宅で納棺の儀を行うこともあれば、遺族の立ち合いなしに葬儀社が納棺することもあります。そしてお通夜を行い、その後は通夜振る舞いの場を設けます。遺族の意志によって、お線香の火を絶やさないよう斎場に泊まる場合もあれば、防災上の理由で泊まりは不可の斎場もあります。そして翌日は葬儀・告別式を執り行い、最後に装花を御棺に飾り入れて故人と最期のお別れをして出棺です。マイクロバスなどで火葬場まで移動し、火葬を行い、火葬が終わったら収骨をして終わりです。場合によっては同じ日に日程を繰り上げて初七日の法要を行うことも多々あります。このように、流れとしては一般葬と同じで、参列者が家族・親族のみという違いだけとなります。

通夜を行わないシンプルな一日葬

鎌ヶ谷市で行われるのはこの一般葬と同じ流れで会葬者が家族・親族のみの家族葬が最も多いですが、近年ではさらにシンプルにまとめた一日葬も人気です。一日葬とは、通夜を行わずに葬儀・告別式のみを行う流れとなります。通夜には本来、故人と親しい人のみが集まる場として設けられた意味合いがありますが、昨今ではその意味合いは薄くなりつつあります。親しい人は両日共に参列し、それほど親しくない人は通夜または告別式のどちらかに参列するという新たな風習ができつつあるため、ごくごく親しい家族・親族のみならば敢えて通夜式を行わず、その日はゆっくりと故人を偲ぶ大切な時間に使いましょうということで、この一日葬は人気を得ています。社会形態の変化に合わせてお葬式の形も変化しており、鎌ヶ谷市でもその傾向は色濃くみられます。